JA共済の評判!メリット・デメリット(強み・弱み)と特徴は!?

スポンサーリンク

JA共済評判!メリット・デメリット(強み・弱み)特徴!?

スポンサーリンク

JA共済の保険の【評判(メリット・デメリット)】

JA共済の【強み(メリット)】

◎ 医療共済:民間医療保険の場合、1入院の支払限度日数は60日が多いが、最短でも120日と長期の入院保障を受けることができる。

◎医療共済:入院見舞金として入院共済金日額×5倍の見舞金がある。

 

◎終身共済:疾病・災害により所定の障害状態になった場合、共済掛金払込免除制度があり、以後の共済掛金は支払いしないでもOK。

終身共済:生活保障年金も付加することができる。

◎終身共済「愛のかたち」は、所定の重度障害状態を80歳まで保障。医療特約も、入院・がん入院・手術・通院・ケガ(後遺障害)・骨折・脱臼・腱断裂・顔面損傷などさまざまなものが付加できる(80歳まで保障)

JA共済の【弱み(デメリット)】

◎JA共済も組合員にならなければ利用できない(員外利用・准組合員としての利用は可能)

◎JAが破綻してしまった場合、民間保険とは違い保障がなくなってしまうリスクも考えなければならない。

 

◎JA医療共済は掛け捨てであり、基本的に貯蓄性でない

 ※プランによっては貯蓄性のあるものもある(養老生命共済)サービス面やプランの柔軟さを考えると民間保険も選択のポイントか。

◎終身共済:掛金がそれほど安くはない

 30歳に加入した場合、月払いで、男性は13,744 円、女性は10,636 円。

◎こども共済: 共済金が5回ないし6回の分割払い。

 推薦入試などの早期で学費が必要な場合、あらかじめ計画性が必要

スポンサーリンク

JA共済の保険の【特徴】

JA共済は、JA共済連からJA(農協)組合員のために提供されている、保険と同じ仕組みを持つ「共済保険」になります。

共済のメリットは一般の保険よりも掛け金を安く済ますことができ、シンプルながらも多くの保障がセットになっていることです。

 

全国にJA共済の窓口がありますので、地方に住んでいる高齢者の方々からも、JA共済に注目が集まっているんですよ!

 

JA共済では、大きく分類して、「ひと」「いえ」「くるま」の3つの保障を受けることが出来ます。

・ひとに関する保障は、終身共済、養老生命共済、こども共済、医療共済、がん共済など

・いえに関する保障は、「建物更生共済むてき」

・くるまに関する保障では、自賠責共済、自動車共済、クルマスター(任意)

 を提供しています。

 

医療共済は、先進医療へも備えることができ、0歳~75歳までという幅広い年齢で加入することが可能です。

入院共済金・先進医療保障・入院見舞保障があり、三大疾病(がん・急性心筋梗塞・脳卒中)重点保障特則もあります。

 

終身共済は、名前のとおり終身タイプの保険で、加入後から一生涯、病気やケガ、障害などのリスクを保障してくれるんです!

タイプが2種類あり、ひとつは「愛のかたち」、もうひとつは「ゆとりプラス」となっています。

 

「愛のかたち」は定期特約・生活保障年金(特約。死亡・高度障害保障を10で割り金額を毎年年金という形で支払うもの。計10回)

「ゆとりプラス」は逓減定期特約を、主契約である終身共済に付加することができますよ。

 

学資保険として、こども共済では、「すてっぷ」「にじ」「えがお」を提供。

「すてっぷ」のメリットは、貯蓄性の高さです。

(返戻率が月払いで約108%、年払いで約113%)満期まで解約しなければ割戻金(配当金)も受けとることが出来るんです!

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました