アフラックの保険の評判!メリット[強み]・デメリット[弱み]と特徴

スポンサーリンク

アフラック保険評判!メリット[強み]・デメリット[弱み]特徴

スポンサーリンク

アフラックの保険の【評判(メリット・デメリット)】

アフラックの【強み(メリット)】

◎「アソシエイツ」を介した間接営業。販売ネットワークを急速に拡大により、お客様との多くの接点がある。

◎世界初・日本初の「がん保険」や「痴ほう介護保険」を提供。

◎「がん保険」:手術・放射線・抗がん剤と多様な方法にも対応出来る内容。

 「医療保険」:入院や通院にかかる費用をしっかりとカバー。がん・脳卒中・急性心筋梗塞の三大疾病もしっかりサポート。

CSV(共有価値の創造)経営。社会と共有できる価値を創造し、課題解決と持続的な成長を期待できる。

◎確実な収益が期待できる公社債・貸付金などの長期確定利付資産を中核とした資産運用によって収益の確保と健全性を維持。強固な財務体質がある。

◎日米両国からの複眼的な視がある。ビジネス戦略、投資や運用に大きなメリットが。

◎医療保険EVER:5日未満の入院でも、5日分の入院給付金を受けることができる。短期入院に対応。

アフラックの【弱み(デメリット)】

◎「新生きるためのがん保険Days」:がん保険に必須のがん一時金を複数受け取る保障などを特約として付加しなければならず 保険料はやや高め

 ビリーブ(オリックス生命)が2,990円 保険料/月なのに対して、「新生きるためのがん保険」は3,429円。

◎「新生きるためのがん保険Days」:基本保障のみだとがん一時金は初回のみ。「診断給付金複数回支払特約」の特約を付加した場合でも、初回・2回目以降も給付金額は100万円だが、2回目以降の給付は「入院が条件」。

(がん治療支援保険NEO(東京海上日動あんしん生命保険)などでは、2回目以降も診断された時点で給付される)

◎新生きるためのがん保険Days : 上皮内がんへの給付金が10万円

(ビリーブは、100万円 2回目以降は50万円。入院が条件)

◎医療保険EVER:短期入院にメリットがあるが、短期ゆえ不足は預貯金で埋め合わせする人もおりそれ程必要がない機能かも

スポンサーリンク

アフラックの保険の【特徴】

アフラックは、「アメリカンファミリー生命保険会社」という名前が正確な名前であり、アメリカに本拠地を構える生命保険会社になります。

今、日本でもアフラックという保険会社を迷わず選択する人たちも多くいるくらいです。

 

実際に新しい保険会社というイメージを持っている人たちもいるようですが、日本では1974年(昭和49年)より営業をスタート。

 

「がん保険」を主軸にした事業を展開して、保険業界に革命をもたらした会社とも言われています。

世界初の「痴ほう介護保険」や、「スーパーがん保険」という、革新的なプランや商品によって、既に多くの人たちの支持を得ているのです。

 

 

今アフラックという会社は、独自のチャネル(集客するための)戦略を持ち飛躍的に活動しています。

一人でも多くのお客様に画期的保険を知ってもらうためにアフラックという会社が採用した方法は、「代理店・アソシエイツ」による営業モデルです。

 

営業職員を介する直接営業が主流という中で、アフラックは、そのような方法での営業展開をして来ました。

「アソシエイツ」を介した間接営業の方法によって、販売のネットワークをスピーディーに拡大することが出来きています。

 

 

アフラックで人気の商品は、「新生きるためのがん保険Days」、医療保険「EVER」シリーズ、やさしい「EVER」シリーズなどです。

「新生きるためのがん保険Days」では診断給付金に加えて、入院や、通院、三大治療(手術・放射線・抗がん剤)などを幅広く保証してくれますよ!

 

医療保険「EVER」シリーズは、病気やケガをした際の入院前後の通院も保障され、日帰りなどの短期入院にも対応している保険です。

やさしい「EVER」シリーズは、持病のある人や現在治療中の人など、健康に不安のある人でも加入できる保険になっています。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました